So-net無料ブログ作成
最新トレンドファッション ブログトップ

【最新2013春夏トレンドファッション】ここを押さえておけばOKの限定6つのアイテム [最新トレンドファッション]

スポンサードリンク





2013年春夏のファショントレンドはストライプ柄の大復活をはじめ、楽観的でポジティブなトーンに目移りしちゃいそう[るんるん]


手持ちワードローブにない新顔も増えるから、トレンドとの向き合い方を。情報へのアチェック!


春物の立ち上がり時期に乗り遅れないよう、厳寒のうちから新春のトレンドキーワードを要チェック!!

◆トレンドスタイル1 「ジオメトリックパラダイス」


f3.jpgf8.jpg




 ストライプ、ボーダー、チェック、ドット――。

13年春夏は「柄のパーティー」が繰り広げられまkす。


複数の柄を組み合わせる「柄×柄」の着こなしも初心者向けにアレンジしましょう。


楽観的なムードが主流となるのを追い風に、おしゃれの体温も上がって、


無地ルックが寂しく見えてしまいそう。

 13年春夏の柄トレンドが今までと異なるのは、視覚効果が前面に押し出される点。


「だまし絵」や「オプティカルアート(視覚的美術)」柄が目を操って、体型を細く見せたり、


しなやかに印象づけたりといったメリットが盛り込まれます。


異なる柄同士のミックスはダイナミックな着姿を演出。


逆に、同じ柄で合わせるきれいめセットアップはオフィスにも着ていけそう。


柄は人柄も感じさせるから、目指すキャラクターイメージに合わせて様々な柄を使い分けたくなりますね。


◆トレンドスタイル2 「3Dトランスペアレント&レース」




f2.jpgf12.jpg


春夏シーズンにふさわしいトランスペアレント(透ける)な装いはさらに優美に、そしてはかなげに。


天女の羽衣のようなファンタジーを薫らせる装いを意識したいですね。


オーガンジーやシフォン、チュール、レースなど、繊細な薄手素材を使って、


淡いセクシーを引き寄せるスタイリングが勢いづく。


素肌を透け通らせるシースルーの装いは身体を吹き抜ける風すらも心地よいものです。

 レースやオーガンジーなどの透明感あるマテリアルは春夏の特権。


今シーズンは、風合いの異なる素材とミックスし、


互いの持ち味を引き立てるような使い方に注目が集まる。


服の上からトランスペアレント素材を重ねて3Dのような立体感を出す


「春夏レイヤード」が大注目!やわらかく懐かしい気分にさせてくれます。


フェミニンを際立たせるレースも表情が深くなる。おなじみの白やベージュ、


黒に加えて、カラーレースが華やぎを添える。



記事後半ではさらに注目のビッグアイテムが登場↓↓↓↓


スポンサードリンク





ここからが本文です↓↓↓↓


◆トレンドスタイル3 「ロマンティックスポーツ」




アスレティックな軽やかテイストはここ2、3年の流行だが、


13年春夏はエレガンスの隠し味が欠かせない。


スポーティーな装いを「素」のままにまとうのではなく、ロマンティックに味付けするのがコツ。


健康的なムードと、たおやかな雰囲気が交錯すると、仕事場にも着ていける


シーンフリーな着こなしに整えやすくなる。
f14.jpgf16.jpg


 人気が先行したパーカやスタジアムジャケットに加えて、


新たなキーアイテムに昇格するのがブルゾンやベースボールキャップ。


ボーイズな顔つきのアイテムもフェミニンに取り入れるのが今季の流儀だ。


ワンピースやショートパンツなどに合わせるコーディネートがおしゃれの趣をより深くしてくれます。


デニムやTシャツもきれいめにアレンジ。スポーツ物は1点、スパイスとして差し込むようにすれば、


手持ちワードローブと相性は抜群[るんるん]



◆トレンドスタイル4 「ノスタルジックフューチャー」


f7.jpgf10.jpg



 1950~60年代からインスパイアされた、レトロ気分の装いはかえって近未来のムードを立ち上らせる。


どこか懐かしく、それでいてフューチャリスティックな1度で2度おいしい。


テクノロジーのもたらす新時代に希望と期待が濃かった当時の前向きな気分を反映した


色使いやシルエットはほぼ半世紀を経て新たな鮮度を感じます。

 科学技術と親密だった当時のモードを象徴する素材の1つがケミカルな風合いの


エナメルやビニール、プラスティック。つややかな表面の照り感が軽やかに見せます。


微妙にレトロだけれど、古臭くはないセミクラシックなたたずまいに整えてくれる。


透明なビニール系素材は春夏の陽光を通し、濡れたような質感を装いにプラス。


光を照り返すシャイニー素材も復活。光沢を放つシャツやパンツなどを上品に操る着こなしが


街を色めかせる。シャイニーを取り入れるなら、小物やアクセサリーからデビューしてみてはいかが?



◆トレンドスタイル5 「コスモポリタン&エキゾチックミックス」


f13.jpgf9.jpg


アジアに注がれる熱気を帯びたまなざしを映して、オリエンタル&エキゾチック


ミックスコーデが世界的ブームになる気配。かつての“借り物エスニック”とは違って、


今度はグローバル時代にふさわしい東西ミックスのコスモポリタンな装いがアップデート


東洋に寄せすぎないさじ加減がポイントだ。柄と色が鮮やかに躍るから、心も踊るんですよ。


オンでは堂々としたイメージを引き寄せ、オフではリラクシングなムードを醸し出すコーデを意識して。


ポジティブな装いはお出掛けマインドをくすぐります。

 今季のライジングスターなエキゾチック柄は爬虫(はちゅう)類系のパイソン(蛇)。


バッグや靴ではおなじみだが、服にも“飛び火”。抑えた色を選べば、主張が強すぎない。


おなじみのレオパード柄は小物で使うのが一般的な手口だったが、


ワンピやスカートでエレガントに整えるもう一歩踏み込んだ着こなしに大注目。


色リッチなトライバル(民族)柄をまとえば、シンプルなアイテムもアグレッシブに様変わりする。



◆トレンドスタイル6 「レザーミックス、ブラック&ホワイト」



f11.jpgf18.jpg



★シーズンにとらわれないスタイリングはますます加速。


日本でも夏ニット帽やサマーレイヤードが浸透する中、今季はレザーが熱い。


秋冬の専売特許だと思われてきたレザーだが、定番のジャケットではなく、


ボトムスを突破口に春夏への移植が進む。丈の短いマイクロミニボトムスなら暑苦しさは避けやすい。


大人っぽいレザーパンツはマニッシュと凛々しさを呼び込む。


レザーならではの硬質感とフェティッシュを生かして。

 カラーブロックの装いにも注目が集まる。なかでも、「黒×白」のモノトーン・コーデは


すっきりして見える上、視線を引き込むから、ストライプ柄や幾何学模様と組み合わせやすい。


黒のスリミング効果をうまく生かせば、膨張色の白を引き立て役に回して、


細身イメージを印象づけられる。シンプルな手持ちワードローブにも着回し効果が大きいベストは、


コンパクトな上半身に見せる格好のアイテム。


インナーに白を選ぶことで、黒のボディー部分が引き締まって見える。

◆13年春夏を騒がせそうな6大トレンドに共通するのは、オプティミスティック(楽観的)でアダルトな気分。

自己主張はこれまでよりも少しだけ強め。柄や色、素材で遊ぶ、視線を惹きつける装いが息を吹き返す。


ジェンダーやシーズンをわざとずらし組み換えるテイストミックスはさらに選択肢が広がることでしょう。


オフィスシーンになじませるには、1点だけ差し込んだり、小物で取り入れたりといった、


セーブを利かせたコーデがおすすめ。おしゃれの約束事が壊れる流れに乗って、


自分流のスタイリングをもっと自由に楽しんでみてくださいね。
スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
最新トレンドファッション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。