So-net無料ブログ作成
検索選択
女性のエイジングケア ブログトップ

貴女の肌のにごり・老化を食い止める【あたりまえエイジングケア】 [女性のエイジングケア]

スポンサーリンク
 
 
さあ春が来ます!今年の美白のキーワードはズバリ「肌色のにごり解決」。



美白というと、シミばかりがターゲットに思われがちですが、くすみや肌の黄ばみ、赤みなど、


肌色が均一でないと、たとえシミがなくてもやはり肌は美しく見えませんね。

age1.jpg

そもそも肌色の不均一さはメラニンだけでなく、酸化や糖化が原因だったりします。


「酸化」と「糖化」


そう、現在の アンチエイジングケア には切っても切れないこの2つが、

美白コスメでも大きなキーワードになっているのです。



つまり、今の美白ケアってまんま アンチエイジングケア につながる……。


「美白ケアをしていただけのに、肌のハリ・ツヤが高まった」なんて声が挙がるのもうなずけます。




今回は、エイジングケアとは何か、アンチエイジングとの違いなどをご紹介したいと思います☆


基本的には同じような意味なのですが、アンチエイジングは老化を防止する意味がより強くなっています。


記事後半ではあなたのお肌の老化レベルをチェック!!

スポンサーリンク
 
 


ここからが本文です↓↓↓↓

お肌の曲がり角をチェック!エイジングサインを見極めよう!

あなたのお肌は大丈夫ですか?下記の項目をチェックしてみてください。


①太ったわけではないのに顎がたるんでいる

②笑った後などにほうれい線が気になる

③頬の毛穴が目立ってきた

④口角が下がって不機嫌に見える

⑤目元や口元が乾燥しやすい

⑥アイラインを引かないと目力が昔に比べてなくなった


まずはエイジングケアのやり方

まずは、老化の原因ですが、基本的には紫外線による【光老化と乾燥】です。

age2.jpg

◆紫外線対策は万全に!

シミとかしわとかたるみの多くが紫外線が原因です。夏以外もきちんとUV対策をしたり、


ベランダでちょっと洗濯物を干すときにも日焼け止めを塗ることで、5年後の肌が変わってきます。

◆乾燥を防ぐ

間違ったスキンケア方法やクレンジングで乾燥肌やインナードライ肌になってしまっている方が多いです。


とにかく、化粧水や美容液にこだわる前に、クレンジングや洗顔こそが大切と知ってください。


シャワーで顔を洗う

お風呂に入ったときに、熱いシャワーを顔にかけて洗っていませんか?


これはたるみのもとになります。


特に熱いお湯ですと乾燥の原因ともなります。

ぬるめのお湯で、一度手にとってから優しく洗うようにしましょう!



◆ポイントメイククレンジングを使わない

ウォータープルーフのアイメイクなどを使っているのに、ポイントメイク落としを使わずに、

落ちやすいからといってオイルクレンジングを使っていませんか?



オイルクレンジングは、クレンジング力が強く、中には台所洗剤よりも強力なものも。



肌に必要な皮脂まで奪いとってしまい、乾燥からシワや大人ニキビなどの肌トラブル原因になります。

しっかりアイメイクをした時は、ポイントメイククレンジングを使って、


お肌はミルククレンジングやクリームクレンジングで優しく落としましょう。

◆クレンジング後メイクをゴシゴシ拭き取る

拭きとりタイプのクリームクレンジングなどを使っている場合、

その後ティッシュコットンでゴシゴシと拭きとっていませんか?


摩擦が肌への負担になり、乾燥や肌トラブルの原因になります。

柔らかいコットンをぬるま湯で濡らして、それで優しく拭きとってください。


素早く乳化させて、その後洗顔で落としてしまいましょう。

◆ノンオイルダイエット

極端に油を抜くことで、油分不足でスキンケアを頑張っても常に乾燥している肌になってしまいます。


また、魚やお肉を抜くことで、鉄分不足になり、血行不良で肌がくすんでしまったりも。

いくら痩せても、くすんだカサカサの肌では魅力半減ですよね。


野菜よりも鉄分の吸収率の高いレバーやマグロを食べたり、オリーブオイルやアボカドなど


良質な油を取り入れ、ツヤ肌を目指しましょう。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
女性のエイジングケア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。